フリーターの就職を強く勧める理由

1.厳しいフリーターの就活

 既卒になり就職できなくそのままフリーターになったり、1度は就職をしても短期間で辞めてしまいフリーターになるなど様々です。日本には約176万人のフリーターが存在すると言われ、大きな社会問題にもなっています。なぜ社会問題にもなっているかと言えば、もし生涯フリーターを続ける人が増えれば年金制度が崩壊するからです。

 正社員と違ってフリーターの場合は収入も不定期で、年金を支払っていないケースがほとんどです。雇用側もフリーターだと健康保険や、厚生年金を会社が負担する必要がありません。さらに正社員と比べると時給や日給も安く、仕事がなくなれば何時でも辞めさせることができます。つまりフリーターの存在は、雇用側にとっても都合の良い労働力なのです。

リクナビNEXT[就職成功のチャンスはココにあり!
フリーターだからこそ使えるのがリクナビNEXTです。理由として、すぐに働ける人材を探している企業が多く募集してるからです。また、求人数が膨大であるため、今まで経験してきたアルバイトに近い求人も見つけることができ、業界経験者に近い状態で就職活動に取り組めます。

登録時に必要なものは、
「メールアドレス(携帯OK)」「パスワード(任意)」「氏名」「生年月日」「性別」だけ!

利用者のコメント
良かった
アルバイト先の仲間が、リクナビNEXTに登録して就職が決まったと聞き、すぐに登録しました。転職サイトだと思っていたから、コンテンツに「はじめての正社員の道」を見つけたときは、本当にうれしかったです。アルバイト経験も職歴になると知り、応募書類の作成などにも力が入りました。まだ、書類選考を通ることは少ないけど、自分も仲間に続いて就職できると信じています。(27歳 男性)
これまでも就職活動をしなかったわけじゃないけれど、フリーターが正社員の採用選考の応募しても、なかなか面接まで辿りつけない現実に負けてしまっていました。でも、20代のうちに就職したいと考え、リクナビNEXTに登録。アルバイトは一貫して飲食業だったので、その経歴をまとめて登録してみたのです。すると、飲食店をチェーン展開する企業からオファーが届き、内定をいただくことができました。何だか、夢みたいです!(28歳 女性)
リクナビNEXTで一番活用しているのは、転職ノウハウです。私は高校を卒業してから、ずっとフリーターをしているので、就職活動の進め方が全然わかりませんでした。でも、転職ノウハウを見れば、就職活動の進め方や書類の作成方法、面接のノウハウまで、とてもわかりやすく書かれています。まだ応募を始めたばかりだけど、正社員として就職するためにがんばろうと思います。(23歳 男性)
普通
リクナビNEXTの求人は、未経験者でも応募可能なものが多く、積極的にアプローチをしています。ですが、新卒や既卒とエントリーが重なることが多いので、フリーター向けの具体的なアドバイスがあればいいのにと思います。(24歳 男性)


2.フリーターが就職したほうが良い理由

 しかし実は国の年金制度が崩壊するだけでなく、フリーター自身も生涯フリーターを続けるデメリットに気付くべきです。先ず独立行政法人労働政策研究・研修機構の「ユースフル労働統計ー労働統計加工指標集2012」によると男性の大卒の生涯賃金は2億8000万円で、フリーターの生涯賃金は6000万円でその差額は実に2億2000万円もありました。

 生涯賃金の差だけでなくフリーターを続ける、デメリットは他にもあります。その一つが一生もしフリーターを続けると、年金を支払っていないので老後は収入がなくなり、生活保護の受給を受ける可能性が高まります。またフリーターだと収入も不安定で、なかなか結婚もできません。例え恋人ができ結婚したいと思っても、フリーターのままでは相手の親も結婚を認めるわけにはいきません。 

ここがポイント!
●正社員として就職する場合と比べると生涯賃金の差額は2億2000万円もある
●一生もしフリーターを続けると将来は生活保護の受給を受ける可能性がある
●恋人ができて結婚したいと思ってもフリーターのままではなかなか難しい

フリーターが就職活動をする上の強みとは?

 どんな人にも、就職活動や転職活動を行う際には、自分にどのような強みがあるのかをまず知り、それを効果的にアピールする方法を考える必要があります。しかし、この「強み」が何か分からず、困惑してしまう場合がほとんどだと思います。

 高校や大学を卒業してすぐに就職をせず、フリーターとして働いてきた人の特別な強みは、「いろいろな職場で働いた経験」したことにあると言えるでしょう。

 これは、普通の高校や大学新卒には、なかなか経験できないことでもあるのです。中には、複数の職場に比較的長い間務めたことのあるフリーターの人も、たくさんいるでしょう。

 そのような場合において、いろいろな業界の常識を熟知しており、また人間関係も広いという点が、採用の時に評価されることがあります。面接を受けたり、履歴書や応募書類を作成したりするときは、この2点を上手にアピールすると良いと思います。

フリーターの就職や転職の成功者の共通点

 フリーターならではの強みである「様々な職場での労働経験があり、人脈も広い」というポイントを確認したら、次のステップに進みましょう。それは、そのようないろいろな職種や業種の中でも、どれが自分に向いているのか、冷静に分析することです。

 フリーターから就職活動を始め、見事に内定を得た人のほとんどには、バラエティに富んだ職場での経験を活かし、自分に適した働き方のできる企業を探している、という共通点があることを知っておくととても便利です。

 理由としては、自分とは合わない職場での内定が取れたとしても、ミスマッチにつながり、結局転職をしてしまうことが少なくないからです。

 高卒・大卒のなかにも、入社して3年ほどで退社してしまう人がとても多くなってきている現代において、自分の適性に合った業種や職種を正しく選択することは、非常に大切なことのようです。

 フリーターから就職活動を成功させた人々のもう一つの共通点は、アルバイト時代にも、将来につながるような働き方をしていることです。つまり、自分が就きたい仕事と同じような業種を選び、その分野での知識や経験を深めていることにあります。

 この場合は、時には入社後に即戦力となれるような技量を身につけることができ、それは第一新卒にも勝ることがあると言われています。こうした背景からも、自分の適性や希望職種に合った仕事やアルバイト経験を見極めることが肝心です。

就職サイトを利用して賢く就職活動!

 しかし、自分にピッタリと合うお仕事を探すのは、一人でするには少し難しく、大変かもしれません。そこでぜひおすすめなのが、転職サイトを利用した就職活動です。

 大手の就職、転職サイトは、求人雑誌やハローワークには無いような求人情報が沢山あります。就職、転職サイトは無料になっていますので、どのような人でも会員登録ができすぐに利用できます。

 また、就職活動や転職活動の必勝法に通じた、いわばプロ中のプロが利用しやすいように作っています。企業の人事部の人々と交流があることも多く、自分一人で就職活動をするだけでは手に入らない情報を与えてくれることもあります。このような頼もしいサイトが身近につき、またアドバイスをくれるなら、自分にとっての天職ともいえるお仕事がきっと見つかるでしょう。

 こうしたメリットは、ハローワークや人脈を通じた就職活動からは得られないものです。就職サイトだからこそなせる業であり、これを利用しない手はありません。

転職サイトを使って内定ゲット!の声続々

 それでは、転職サイトを活用してフリーターから就活をし、実際に内定を手にした先輩たちの声を聞いてみましょう。

「フリーター専門の就職・転職サイトがあり、ポイントをしっかり絞った検索ができた」
 最近では、フリーター向けの求人を中心的に集めた転職サイトも登場してきています。また、このほかの転職サイトでも、フリーターを募集している案件を多く取り扱っています。

「未経験可の求人がたくさんあり、迷うのが楽しいくらいだった」
 フリーターに対する企業の門戸が開けてきている現在、大手転職サイトではそうした情報をいち早くゲットしています。

フリーターならではの強みで就職活動を成功させよう!

 以上が、フリーターが就職活動をする際に知っておきたい現状や成功へのポイント、そして成功者などの声です。現状としては、社会のフリーターに対する理解が深まり、状況下改善しつつある頃なので、積極的に活動を行うにはちょうど良いでしょう。ただ、その上で企業に対し何をアピールするのか、どんな仕事をしたいのかなど、的確に焦点を絞る必要があります。

 しかし、フリーターにはフリーターならではの強みがあるので、それに誇りを持ち、しっかりとアピールしましょう。自信を持って堂々としていれば、きっと良いニュースが入って来ることと思います。そして、これから自分がやりたい事などを明確にしておけば、もっとスムーズに活動ができますので、希望の職種などもいくつか決めておくと良いでしょう。

ページ上部へ戻る