養育の場合のシェイプアップは疲れもあったりとなかなかしんどい

乳児を分娩やるまでは、身長163cm、ウエイト50kgとそこまで太って言えることはなく、自分でも根本ウエイトを下位回っていたので、痩せていたと思っていました。
しかし、受胎中に18kgオーバーし、ウエイトが68kgとなり、出産したらもとに還るだろうと思っていましたが、
乳児が1才になったときのウエイトは、55kg。それから1年たってもウエイトは変わりませんでした。

しかし、3つのことをやってみるとウエイトはもとに戻ってくれました。

①『思いの外ものは食べない。』
あまった食べ物はもったいないと憧れ、全部食べてましたが、それを打ち切ることにしてみました。
余ったものは翌朝飯やその日のディナーに回したりし、勿体ないことはせず、自分のものはお皿にいれた分だけ摂ることを努めました。

②『お菓子言語道断』
産休中にお者を取る癖がついてあり、引き返した先も、オフィスの取り出しには必ずデザートが入っていました。
毎日のようにコンビニエンスストアへ赴き、デザートを一種買ってオフィスに行ってました。
コンビニエンスストアによるのをやめれば解決できると思ったのですが、
就労中におなかがすくのは耐えきれませんでした。
どうしたらいいのかと考えたところ、『カロリー0の炭酸水』に出合いました。
おなかがすいたと思ったときに飲むと、どうしてかおお腹が満たされた理解になり、デザートを採り入れることなく仕事をすることができるようになりました。

③『できる限りあるく』
保育園の送り迎えは自転車を使用してましたが、
お呼びの際だけは歩いて伺うことにしました。
乳児も小さかったので、帰るのに歳月がかかったりして大変でしたが、
あるくため、少しでもカロリーが消費できていたのだと思います。

3つのことを約1年続けたところ、たった5kgではありましたが、
今では54kgをキープできるようになりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です